瀬戸市美術館企画展「加藤孝爾陶芸展」
加藤孝爾氏は昭和34年(1959)に代々染付磁器を制作する名門窯元「真玉園」の八代目として生まれました。武蔵野美術短期大学工芸デザイン科を卒業後、油滴天目の第一人者となった父である加藤孝俊氏(1917~1999)のもと、作陶生活に入ります。本展では、中国釉薬の研究と陶芸精神を父から受け継ぎ、東京や京都等で個展を行い、高い評価を受けている加藤孝爾氏の作品約20点を展示します。
名称 瀬戸市美術館企画展「加藤孝爾陶芸展」
イベント期間 2018年02月03日~2018年04月08日
開催場所 瀬戸市美術館
住所 瀬戸市西茨町113-3
駐車場 無料
参加料金 大人:300円(240円:20名以上の団体)、高大生:200円(160円:20名以上の団体)※中学生以下、妊婦、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方は無料
HP http://www.seto-cul.jp/information/index.php?s=1515715395
お問い合わせ 瀬戸市美術館
電話(0561)84-1093 

詳しい地図はこちら

Copyright (C) Seto City All Rights Reserved.